ドコモの端末で格安SIMを運用するには?

MENU

CLOSE

ドコモの端末で格安SIMを運用するには?

料金を抑えるには?

メリットデメリット

以上の要件で金額が上がっている以上に金額をできるだけ安く抑える方法はあまりに種類が少ないです。実際に大手携帯会社を契約している方は、金額を抑えるためには、安いプランを選ぶことになりますが、これにはデメリットがあります。

そのデメリットとは主に2つあり、一つ目は、データ量の少ないプランにしなければなりません。つまり利用データ量が減ってしまいますので、動画を見たりするとすぐに制限がかかってしまう可能性が出てきてしまいます。

それでもあまり使わない方はその安いプランにすると、もう一つのデメリットがでてくるかもしれません。それは端末購入時に2年間料金を割引することができるサポートが存在しますが、このサポートが受けられなくなる場合があります。そうすると、トータルの支払金額は高くなってしまいます。

格安SIMに乗り換えると?

そこで出てくるのが格安SIMになります。格安スマホやMVNOともいわれています。これは大手携帯会社が携帯電話の電波を貸し出して、各会社が自分のブランド名で携帯電話販売を行うことです。これによって多くの携帯会社が存在をすることになっており、現在は価格競争も始まっています。

さらにデータ量の大きいプランや通話定額も存在をしますし、あらゆる用途で書く携帯会社がシェアを伸ばそうと切磋琢磨しているのはとても印象的になっています。これらの会社であれば大手携帯会社の8000円から9000円程度の金額が、4000円から5000円程度に抑えることができるようになっていきます。

これを考えていくと毎月の維持費は年間でとても大きく変わってしまいます。これであれば毎月の家計を抑えることができますし、本当に魅力的なサービスです。

新たな契約での端末は?

MVNO提供会社はドコモの電波を利用している会社が多く存在します。これで今契約しているのがドコモの方ならば、今使っているスマートフォンで格安スマホを利用可能になります。

条件としては、格安SIM提供会社がドコモ以外の携帯会社、端末がそれ以外の場合など、条件は複数存在しますが要は提供会社と、元の携帯キャリア(ソフトバンク端末は除く)が一緒であれば利用は可能になってくるのです。しっかりと各社のプランやメリットを比較するとメリットが出てきます。通信速度自体は各会社によっても差が出てくることもあります。

しかし、条件が満たさない場合には、新たに端末購入をしなければならないのか?という疑問が生まれてくるのではないでしょうか。これはその通りですがまだ道はあります。それはSIMロック解除を行うことです。そもそもSIMロック解除都は携帯電話には各携帯会社のSIMカードしか認識できないようにロックがかかっています。

これは商品販売を保つために各携帯会社がそれぞれ取り入れております。これを国の方針で2年前から一定期間携帯電話端末を利用したら解除してもよいというように規制が変わりました。その端末自体は近年販売されている携帯電話端末になってきてしまいますが、これを満たしている場合はMNP前にそのロックを解除してしまって、使えるようにすることができます。

これを行えば、新たに端末自体を購入するコストも抑えることができるようになりますし、おススメです。しかしこれも格安SIM提供のサポートで確認をされてみたほうが良いかもしれません、これだけでも端末が不適応で認識しないことも存在してしまいますので注意をしてください。

以上ここまで安く抑える方法をまとめさせていただきましたが、現状の金額を安く抑えたいかたはこのように格安SIMに乗り換えてもらっていけば、トータルの金額が抑えるので本当にお勧めです。ぜひ皆さんも比較検討してみてください。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧