自分に合った格安SIMを上手に使って料金を節約しよう!

MENU

CLOSE

自分に合った格安SIMを上手に使って料金を節約しよう!

格安SIMと大手キャリアの違いとは

料金を安く抑えるには格安SIMを使おう

携帯電話会社の大手3社はdocomo、au、softbankのことを指しますが、これらの携帯会社の料金は月額にして8000円以上になり、それに対して料金を低く抑えるMVNOという提供会社が提案する格安SIMを上手に活用すると大手3社に比べて大幅に月額料金を抑える事が可能です。

これらのサービスは電話回線自体は大手3社の回線を借りているため、電話やインターネットが使えるエリアは大手3社と変わらず、使用に不安もありません。では格安SIMを利用する前にチェックすべきポイントをセルフチェックしてみましょう。

セルフチェック1 通話をよくするか、しないか

まず、格安SIMを提供しているMVNOを調べ、どのようなプランがあるかを比較検討しましょう。大手3社の料金が高くついている原因としてはまず、通話料無制限込みの料金である事が挙げられます。これは通話をよく利用する方にはとてもお得な料金だと言えますが、逆に通話は非常時にしか利用しない、あるいは待ち受け専用として携帯電話を利用している方にとっては削減したいポイントになります。

多くのMVNOのプランではまず、データ通信のみできれば良い方はデータ通信の格安SIMプランと、データ通信+通話が利用できる音声通話プランの2種類に大別されます。この音声通話プランはほぼ従量制となっており、使った分だけ料金が発生します。通話を利用しない人にとってはこれだけで月額1700?2700円程度の節約となるのです。

セルフチェック2 インターネットをよく使う、使わないか

次にスマホを利用してインターネットをどれくらい使うかをチェックしましょう。大手3社も含めて現在の携帯電話会社のプランでは1ヶ月で利用できる通信量が1GBから30GB、プランによっては無制限で利用できるコースも存在します。大手3社では2GBでも3500円程度、5GBでも5000円程度の費用がかかりますが、格安SIMのコースだと5GBだと2000円程度のコースが多くあり、10GB超のコースでも3000円台から利用できます。

インターネットをあまり利用しない方は3GB程度を、動画などをよく利用する方は10GB以上のプランを目安に自分にあったコースを選ぶと数千円の差がはっきりと表れてきます。

セルフチェック3 高い携帯電話本体は必要か、不必要か

利用する携帯電話の機種を格安スマホに切り替える事も料金を抑える事に有効です。iPhoneをはじめとする高機能なスマホは性能が高い反面で料金も高く、本体を一括で購入すると6万円以上になるものがほとんどです。

これを2万円でも購入できる格安スマホにすることで月々の機種代を半分以下に抑える事ができます。携帯電話本体に保存できるデータ容量などにも差が出てくる所ですので自分の利用方法を考えてお得な価格帯のスマホを選ぶ事がポイントです。

格安SIM選びで気をつけるべきポイントは?

低料金ゆえの気をつけるべきデメリットについて

さて、上記の通り、自分にあったプランを適度に選ぶ事で料金を節約できる格安SIMですが、気をつけるべきポイントもあります。

サポート力が少し落ちる

まず、多くのMVNOは店舗を持たないので大手3社に比べて直接受けられるサポート力が少し落ちます。電話によるサポートはありますが、会社によっては電話がつながりにくいという口コミも見られますので注意が必要です。

通信速度にばらつきがある

顧客が急激に増加している各MVNOはその対応として回線強化に努めている会社とそこまで回線を増やしていない会社があり、その場合の通信速度を比較するとはっきりと差が出ています。特にデータ通信量無制限のプランの会社の場合、利用できる通信量は無制限でも通信速度が非常に落ちてしまうと宝の持ち腐れとなりますので、よく調べてからプランを選びましょう。

通話料金に要注意

通話料金は基本的に使った分だけかかりますので、頻繁に通話をするように生活が変わる場合は大手3社を含めた料金プランを再度見つめ直すようにしてください。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧