まだまだ使える!格安SIMで使えるキーボード付きスマホ3選

MENU

CLOSE

まだまだ使える!格安SIMで使えるキーボード付きスマホ3選

LINEモバイル

そもそも物理キーボード付きスマホって何?

そもそも物理キーボード付きスマホって何?

巷ではスマホといえばでっかいタッチパネルと数個のボタン、メールを書くのはシュシュっとフリック入力が一般的な現代。そんな中ひっそり生き残っている機種に、パソコンのような物理キーボードがついたスマホがあります。

スマホの元祖といえばキーボード

遠い昔、はるか銀河のかなたで…というほど古くはありませんが、十数年前にスマホが初めて世の中に出たときはほとんどの機種に物理キーボードが付いていました。東芝や京セラなど名だたるメーカーがいくつも種類を作っていたのですが、アップルのi-phoneが世の中に出たところで状況は一変、スマートなデザインとフリック入力の斬新さで一気にトップに躍り出ました。そしてあれよあれよという間にキーボード付き機種は少なくなってしまいました。

それでもキーボードは便利!

しかしキーボード付きスマホはメールやSNSなど文章を書くときにとても便利なのです。小さなボタンでカチカチやると打ちにくそう、と思われるかもしれませんが、最近の機種は少し盛り上がったボタン形状で打ちやすくなっていて、慣れればフリック入力より早く打つことができます。

それにフリック入力するとどうしても画面の半分は隠れますが、キーボードならその問題はありません。長文のメールや小説をスマホで書かれる方はぜひ一度使ってみもらいたいものです。

今からでも入手できる!キーボード付き格安スマホ3選

キーボード付き格安スマホ3選

数年前から流行りだしたMVNOの格安SIM、筆者も愛用させてもらっています。格安SIMを使うにあたって重要なのはSIMフリーのスマホを使うことですが、キーボード付きスマホにもSIMフリーの機種があります。ここでは筆者のおススメするキーボード付き格安スマホを3機種ご紹介します。

とってもカワイイ!SONY Xperia Mini Pro?

このXperia Mini Proの最大の特徴は、なんといってもそのサイズです。幅53×厚さ18×高さ92ミリで重量は約136グラム、厚み以外はi-phone6の約2/3とコンパクトです。キーボードはスライド式で画面の下に収納されていて、使うときにはスライドさせて使います。OSはAndroid2.3で古い機種ですが、メインのスマホと別に文章入力用にサブとして持つなら軽くて持ち運びに最適です。ヤフオクなどで5千円〜1万円ぐらいで入手できます。

耐久性は米軍並み? NEC Terrain

NEC TerrainはNECカシオがアメリカ向けに作ったスマホで、キーボードはタッチパネルの下側に付いています。(Blackberryのスマホと同じです)このスマホの特筆すべき点は、キーボード付きでありながら、アメリカ陸軍の耐久規格をクリアした、高耐久、防水、防塵スマホという点です。

そのうたい文句通り、多少落とそうが、雨に濡れようが、全く問題なく稼働します。OSはAndroid4.04と少し古いですが、まだまだメイン機種としては現役で使えるスペックも持っています。仕事やレジャーでラフに使う方でも安心して長く使える一台です。ヤフオクで1万円程度で入手できます。

現役最強選手!Blackberry Priv

Privは、Blackberryが2015年に発売した機種で、数あるキーボード付きスマホと比較しても文句なしに最高のスペックをもっています。画面が5.4型と大きく、キーボードは画面の下にスライドして出てくる構造です。そして一番の目玉は、Android5.1搭載機種だということです。Blackberryは今まで独自OSを使ってきましたが、この機種からAndroid搭載に代わり、とても使いやすく便利になりました。

そしてMVNOの4G回線にも対応しているので、通信速度も文句なしです。まさにキーボード付き機種としては、現在最高の性能です。この機種はMVNOのU-mobileが端末代込みのプランで取り扱いを始めていますし、ヤフオクでは5万円台から少しずつ値段が下がってきました。もう少し待てば買いやすい値段になりそうです。

 

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧