HUAWEI、ASUSなど海外端末がかなりイケてる件

MENU

CLOSE

HUAWEI、ASUSなど海外端末がかなりイケてる件

値段が安くても性能が高い機種が多い

値段が安くても性能が高い機種が多い

HUAWEI、ASUSなど、海外製の端末がシェアを伸ばしています。とにかく値段が安くて性能が良いのがメリットで、コストパフォーマンスの高さで一気にメジャーな存在になりつつあるのです。

従来型の日本の端末は非常に高性能である一方で、メーカー独自の機能が多く必要最低限を求める人には不要な物も多くありました。一方で、海外メーカーの格安スマホは余分な機能をぎりぎりまで削って安くするだけでなく、日本の半分以下の価格で同規模の処理速度を実現しているものが多いのです。

人件費や材料の仕入れなど、コスト削減のための取り組みがしっかりしているからこそ値段を下げられる面もあります。CPUなどスマホの基本動作になるコンピューター性能は日本製のスマホに劣らない場合もあるため、使っていて不快に思うケースが少ないのです。

また、ただ格安SIMを入れるために端末を販売するだけでなく、海外製の格安スマホを格安SIMとセットで販売するケースも増えているのです。海外の製品となる初期不良などの保障が気になる部分ではありますが、国内のMVNOが間に入ってくれるため安心感が増します。

実際にMVNO経由で修理などが出来るだけでなく、日本製の高級端末のように買い替えのタイミングを悩まずに、買い替えや買い足しがしやすいのもポイントです。あるいは、音にこだわる日本製端末と、最低限の機能を保持した予備のスマホなど使い分けることも可能です。価格の安さから業務用端末として法人に利用されるケースも増えています。

基本OSは他の日本の端末と変わらない事もあり、日本のメーカーの独自機能が無い分拡張性に優れている場合もあります。MVNO独自のサービスがインストールされているケースが多く、安いからこそ気軽に使えて、最低限以上のスペックはしっかり確保しているのが海外端末の魅力なのです。

独自機能を詰め込んだ高級機も存在する

独自機能を詰め込んだ高級機も存在する

HUAWEI、ASUSなど、海外端末には独自機能を詰め込んだ高級機も存在します。ブランドネームが低いことを逆手にとって有名ブランドから技術提供を受けている機種なども存在するのです。そのため、日本の端末に匹敵する高画質カメラや、より新しい分野に挑戦する野心的な物も存在するのです。ただ、性能面が良いのはわかっても、通信速度やプランがどうなるか不安になりがちなのが格安スマホです。

しかし、通信速度はSIMカードを入れた上で、契約するMVNOとプランによって変化するため、端末の性能の影響は受けないのです。そのため、国内大手通信会社の通信速度や通信品質を確保しているサービスを選べば、乗り換えでも違和感を感じることはほとんどないのです。

もちろん、より月額料金が少ないプランで契約しても、最低限の通信品質は確保されています。高級機同士や普及価格帯同士で比較した際の差は小さく、違いがでる部分も誤差の範囲や好みの範囲で収まることも多いのです。

端末の支払いも多くのMVNOで一括払いか分割払いが選べるようになっており、最低で1万円台の端末から、8万円を超えるような高級端末まで選ぶことが出来ます。MVNOによってはセット販売をしていないケースもあるため、その場合は電気店などで注文すれば端末だけを購入することが可能です。

電気店で購入した場合は電気店独自の保障サービスなどがつく場合もあるため、かえって安心できるケースもあります。海外メーカーだと故障が多いイメージがある分保証がうれしいだけでなく、実際には予想を超える耐久性を見せてくれる場合もあります。また、海外の端末は全体的に薄さなどを追求する面があり、持ち運びしやすい端末が多いのも魅力の一つなのです。

こちらのコラムも人気です!

キーワードでコラムを検索!

いま人気のキーワード一覧